PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北地方太平洋沖地震

犬とその同居人さんからの転載記事です。

今現在、地震が続いている地域そして、倒壊した建物にお住まいで犬を置いてきた方々

緊急避難場所に連れていけたんだろうか・・・

岩手の保護団体を調べてみたが数が少ない・・・宮城・・・皆どうしているんだろうかと

人間の場合、対策本部たるものが出来るのだが動物には、中々そこまでしてはくれない

大型犬を飼育される方の場合いくら、避難場所があっても犬と同伴も出来かねない

伊勢湾台風の時の話を聞けば、2階建のお家の方が緊急場所にと手間に記してくれた話や

沢山の他府県の方々からの物資調達等があったと言う

これは、人間の話。

犬達を猫達を・・・人間同様に対策本部たるものを今回の場合のような事になった時に

やはり考えなくてはいけないんだろう

同じエリアでは、同じ被害に合っている者同士であるが為に手を貸す事が出来ない

全国規模に輪を広げ、そして隣県の避難場所(動物だけでも)が必要なのではないだろうか

津波に流されている家屋を見ると、そこに動物がいない事を願う

土砂に崩れた家を見ると、そこの庭になにもいない事を願う

咄嗟の時、動ける自由な人間

檻に入れられた犬達は、逃げ場を失い今はどうしているんだろうか

もし、迷子の犬を保護された奇特な方がいましたらどうか?落ち着くまでの時間少しだけ

預かっては下さいませんでしょうか?

今回被害の大きい地区で犬や猫を保護して下さっている団体もしくは個人様でフードが必要

な場合は、お申し出ください。

現地へ行けない分・・・何らかの支援をしたいと申し出ます。

また、大型犬等で避難場所に困ってる方には、ブログで緊急避難先の受け入れをして頂ける

方を探してみます。





転載元 : 犬とその同居人
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanalaska.blog81.fc2.com/tb.php/82-274118dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。